羨ましいと思えた一戸建て住宅。

自分の家にもそれなりに満足感を持って生活をしているのですが、後から完成した家を見ると、こんな機能もあり、こんな外観もあるんだなと、その度に人の家が羨ましくもあるのです。そんな私が最近見た中で、とても羨ましいと思った家が義理の弟夫婦の新築一戸建てでした。義理弟夫婦は子供ができるタイミングで家を建てたのですが、外観は奥さんの好みで、完全なる洋館なのです。海外が好きな夫婦なので、完全に輸入住宅テイストで家を建てたいと決めていたらしくて、凄く目立つ家です。好みは別れるかも知れませんが、個人的にはとても憧れる外観です。また義理弟の家は二階からリビングが見られる、吹き抜けタイプになっているので、そこも我が家とは全く違って、とても快方的な空間で憧れを持ちました。人の家でこれほど、良い家だと思える事は無かったので、とても不思議な気持ちになりましたが、改めて思うことは、新築の一戸建て住宅は最高だと思えました。