一人身でも一戸建てはいいかも

約5年前に独身の一人身ながらも一戸建てを購入しました。たしかに賃貸と購入だと、損しているのではないのか?っていう意見は出ると思います。しかし、自分が住んでる町は東京通勤圏ぎりぎりの田舎町で一戸建てを買ったとしても、東京都心や周辺に賃貸借りても変わりませんでした。せいぜい、固定資産税というデメリットはついてきます。一人身の一戸建ては最初は不思議がられるかもしれません。しかし、何か将来独立することや、郷土愛でその町にずっといたい場合は賃貸より一戸建てがいいかもしれません。これは本当にケースバイケースで考える必要があると思います。自分自身は今は独立しておりますが、地元にいつかは貢献したいという想いもあり、一戸建てを購入してよかったと思います。気をつける点としては、一人身という点です。今の日本の価値観ではどうしても一軒家=家族住まいというイメージがあります。周辺からは何をしている人なのかって不思議がられてしまいます。そのために、自分自身がこれをしていますとアピールする必要は一切ありませんが、窓をあけて換気したり、東京都心で勤務していた時代はほとんど戸を閉めた状態でした。休みは開けたりと、人がいる。住んでいるというイメージを定着させる必要があると思います。セキュリティー対策にもなると思います。一人身でも一戸建てはいいかもしれませんが、掃除や部屋が無駄に多いなど発生するのは、今も悩みの種でございます。